駐車場経営 失敗

無料!駐車場経営の初期費用や収益プラン表がもらえます♪

駐車場経営の失敗について

遊休地があり土地の活用法を考えた時、駐車場経営を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

駐車場経営の最大のメリットとして、比較的少ない投資額ではじめられること、そしてもし仮に経営が失敗してしまったとしても比較的リスクが少ないということではないでしょうか。

 

 

 

駐車場経営で成功するケースはほんの一握りと言われており、
いざ駐車場経営をはじめてみたものの、失敗されてしまうケースは少なくありません。

 

 

 

駐車場経営で失敗されてしまう方にはある共通点があります。

 

 

 

それは立地条件が悪いということです。

 

 

 

確かに駐車場経営は投資額を最小限に抑えることができるため、初心者の方でも投資を行いやすいですが、全ての土地が駐車場向きな土地というわけではありません。

 

 

 

 

当然、駐車場に適していない土地で駐車場の経営を行っても上手くいかずに失敗してしまうのがオチです。

 

 

 

 

例えば、コインパーキングでの経営をお考えの場合は、その土地周辺に賃貸駐車場がどれぐらいあるのか?それらの稼働率は良いのか?駅から近いのか?なども重要なポイントとなってきます。

 

 

 

 

さらに、確実に需要があるような場所でない限り失敗しやすいです。

 

 

 

 

その土地の周辺で経営されている駐車場の空きが目立っているような場所では、そもそも需要がありませんので駐車場経営に適した場所とは言えません…。

 

 

 

 

また、駐車場にはいくつか形態があり、1ヶ月毎の賃料を受け取るシステムになっている月極駐車場や、あらかじめ提示した時間単位の料金が利用する時間に応じて加算されるシステムになっているコインパーキングなどがあります。

 

 

 

 

月極駐車場の場合は、周辺に住宅地が密集していたりマンションが建っていると、『マンションの駐車場がいっぱいで駐車するスペースがない』という人や、『子どもが免許を取って車を購入したものの、家の車庫には駐車するスペースがない』という人に利用されやすいですが、近年は若者の車離れも目立ってきていますので、借り手を確保することが困難となってくると経営状態が悪くなってしまいます。

 

 

 

 

コインパーキングの場合は、一時的に駐車場にとめたいという方向けの駐車場なので、周辺に集客施設や駅、病院などがあるなどの条件が必要になってきます。

 

 

 

 

駐車場経営|初期費用・税金・利回りを出すポイントのTOPへ戻る