駐車場経営 維持費

無料!駐車場経営の初期費用や収益プラン表がもらえます♪

駐車場経営の維持費について

土地活用の一つとして駐車場経営があげられますが、
駐車場経営の最大のメリットは初期の投資費用が比較的安いということです。

 

 

 

もちろん、駐車場といっても10台未満のところもあれば、立体駐車場で100台以上駐車が可能な規模のものもありますので初期の投資費用が高額になることもあります。

 

 

 

しかし、新築でマンションやアパートを建てることと比較したら、はるかに初期の投資額は安いです。

 

 

 

駐車場経営では初期の投資額が比較的安いですが、駐車場経営を行ううえで管理費や維持費なども必要になってきます。

 

 

 

 

今回は駐車場経営の維持費についてまとめてみました。

 

 

 

 

まず、駐車場のタイプによっても維持費が大きく異なる場合があります。

 

 

 

 

一番、維持費用が安いタイプは駐車場用にアスファルトにして、その上に線を引き番号をつける屋外駐車場です。

 

 

 

 

 

このタイプの駐車場は、メンテナンスといえば駐車線の塗り直しやアスファルトの一部が壊れている場合はその修理代ぐらいと駐車場を維持していくための費用は一番安いと言われています。

 

 

 

 

一方、維持費用が高いタイプは立体駐車場です。

 

 

 

 

 

立体駐車場の場合は、初期の投資費用も高額となりますし、規模が大きな駐車場となり機器のメンテナンスなどの点検を定期的に行う必要があります。

 

 

 

 

 

そして、3階建て、4階建ての立体駐車場の場合は階段だけではなくエレベーターが完備されていることも多く、エレベーターの点検を行う必要もあり、維持していくための費用はどうしてもかさんでしまうのです。

 

 

 

 

駐車場の規模を大きくすると、それにかかわる維持費も高くなってしまいますので、
利用客があまり見込めないような立地では、管理費や維持費にお金がかかり駐車場経営に失敗してしまうといったリスクも伴いますので、事前にしっかりと見極めなければなりません。

 

 

駐車場経営|初期費用・税金・利回りを出すポイントのTOPへ戻る